FC2ブログ
  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

四十九日と納骨

このところ寒さのせいかお手洗いが近く、お寺まで行けるか心配でしたが、何とか予定通り出発できました。

お寺に到着すると、行ったタイミングが良かったのか、直ぐに受付を済ませる事ができ、法要は3番目(トータルでは10番)でした。

法要中、お坊さんが何を言ってるのか殆ど分からず

最後の方の

「○○家 愛犬 メルの霊 何ちゃらかんちゃら」

だけ聞き取れた。

法要後、再び受付に戻り、メルの遺骨をどうするか相談しました。

長楽寺動物霊園さんでは、遺骨を自宅に置いておくことは余り推奨していません。

が、我が家は転勤で、こちらに住んでおり、後々は、持ち家のある川崎に戻る予定でいる事。

納骨してしまうと、川崎に戻れば、中々こちらには来ない事(とは言っても夫の実家があるので、全く縁が無いわけではありませんが)を話すと、一旦納骨堂に預けても、引き取りが可能とのことでしたので、納骨堂に預けることにしました。

ですが、4号サイズの骨壺は、3年契約で値段も高いので、1年更新できる納骨堂に預けるため、メルの遺骨を仏様だけ残し、後は粉骨にして、小さいサイズの骨壺へ。

そして、空いている場所なら、何処に置いても可能とのことなので、メルの遺骨を納骨堂へ預けて来ました。

次回は、年末年始にでも、里帰りしようかな?

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック